cactiを設置する このエントリーをはてなブックマークに追加 

25 6月

サーバの死活監視によく利用されているcacti。保守業務で触ることが多いものの、自分でいちから構築したことがなかったので、ぴいこサーバに入れてみた。

$ yum install net-snmp
$ yum install rrdtool

net-snmp:snmpという監視用プロトコルを使って便利に監視するためのツール?
rrdtool:データをRRAという形式で保存し、グラフ化するツール

インストールができてら、net-snmpの設定を変更する。今回は、遠隔サーバでなくLocalhostを監視することにする。

$ vim /etc/snmp/snmpd.conf

コミュニティ名の変更

#com2sec notConfigUser  default        public
com2sec local          localhost      public
com2sec mynetwork      192.168.0.0/24 public

グループ名の変更

#group   notConfigGroup v1    notConfigUser
#group   notConfigGroup v2c   notConfigUser
group   local_group    v1    local
group   local_group    v2c   local
group   local_group    usm   local
group   mynet_group    v1    mynetwork
group   mynet_group    v2c   mynetwork
group   mynet_group    usm   mynetwork

監視項目を全部に変更

#view    systemview    included   .1.3.6.1.2.1.1
#view    systemview    included   .1.3.6.1.2.1.25.1.1
view    all_view      included   .1

システムビューの閲覧権限?

#access  notConfigGroup ""  any  noauth  exact  systemview none  none
access  local_group    ""  any  noauth  exact  all_view   none  none
access  mynet_group    ""  any  noauth  exact  all_view   none  none

以上を保存する。

snmpdを起動し、自動起動設定を行う。

$ /etc/init.d/snmpd start
$ chkconfig snmpd on

cactiをインストールする。今回はcactiuserというユーザを作ってそのホームディレクトリを公開ディレクトリにする。なんだか変な設定かもしれないけど、ホームディレクトリは所有者しか読み書き権限がないので、グループなどに実行権限を付与。ソースを取得し、公開ディレクトリに置く。

$ useradd cactiuser
$ passwd cactiuser
$ chmod 711 /home/cactiuser
$ wget http://local.lipwood.com/_download/cacti/cacti-0.8.8.tar.gz
$ tar zxvf cacti-0.8.8.ja.tar.gz
$ chown -R cactiuser rra/ log/

cactiは必要なデータをMySQLに格納するので、MySQLの設定も行う。設定内容をconfig.phpに追記する。

mysql> create database cacti;
mysql> grant all privileges on cacti.* to cactiuser@localhost identified by '任意のパスワード';
mysql> exit;
$ mysql -u cactiuser -p cacti < /PATH/TO/CACTI/cacti.sql
$ vim include/config.php

Apacheの設定を行う。

$ vim /etc/httpd/conf.d/cacti.peacois.me.conf
<VirtualHost *:80>
  ServerName CACTI.SERVER.NAME
  DocumentRoot /PATH/TO/CACTI/
  DirectoryIndex index.php
  <Directory /PATH/TO/CACTI/>
    Options -Indexes
    AllowOverride all 
    AddType application/x-httpd-php .php
  </Directory>
</VirtualHost>

Apacheを再起動すれば、指定のServerNameでcactiが確認できる。
初期設定画面は、きちんとできていればNext連打でOK。admin/adminでログインすると、adminのパスワードを変更する画面が表示されるので、適宜変更する。

No comments yet

Leave a Reply