Archive | 6月, 2012

redmine 見た目の設定 このエントリーをはてなブックマークに追加

25 6月

redmineインストール直後は、なんだかあんまり…うーん、まあ、もっとWeb2.0っぽい(この言い方ももう古いね)見た目にしたい、と思いました。
redmineテーマの設定など、メモ。

テーマインストール

テーマの一覧http://www.redmine.org/projects/redmine/wiki/Theme_List)から好きなテーマをダウンロード。
私はA1 themeにしました。

テーマをダウンロードし、解凍。/PATH/TO/REDMINE/public/themes/以下にディレクトリごと置く。
管理者権限でredmineにログインし、管理>設定>表示>テーマ でダウンロードしたテーマを指定して保存する。

言語の変更

個人設定>言語 で言語を指定する。
すぐ変わるからおおってなる。多言語対応してるのって嬉しいなあ

redmineのプラグインとか作ってみたい。

redmineのインストール このエントリーをはてなブックマークに追加

25 6月

チケットの管理をするため、redmineを入れてみる。前はrubyのインストールで躓いたので、今回はうまくできるといいなー。
Redmine.JPを確認しながら、まず必要なソフトのインストール。

$ yum groupinstall "Development Tools"
$ yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel

Rubyをダウンロード、インストール。

$ wget ftp://core.ring.gr.jp/pub/lang/ruby/ruby-1.9.3-p194.tar.gz
$ tar zxvf ruby-1.9.3-p194.tar.gz
$ cd ruby-1.9.3-p194
$ ./configure
$ make
$ make install
$ make clean

rubyのバージョンを確かめる。

$ ruby -v
ruby 1.9.3p194 (2012-04-20 revision 35410) [x86_64-linux]

やったー

bundlerをインストールしろとあるが、gemコマンドがsudoで使えない。でもユーザ権限だと使える…と思ったら、gemはあるけどパスが通ってなかった。シンボリックリンクを貼る。

$ sudo ln -s /usr/local/bin/gem /usr/bin/gem
$ gem

なにかずらずら出てきたので、OK!

改めて、Bundlerのインストール。Rubyではプラグイン、Extensionのようなものをgemというかたちで簡単にインストールできるみたい。PHPでいうpeclみたいなものかな

$ sudo gem install bundler --no-rdoc --no-ri

では次に、Rubyのインストール。

$ wget http://rubyforge.org/frs/download.php/76259/redmine-2.0.3.tar.gz
$ tar zxvf redmine-2.0.3.tar.gz

DB接続設定を行う。

$ vim /PATH/TO/REDMINE/config/database.yml
production:
  adapter: mysql2
  database: db_redmine
  host: localhost
  username: USERNAME
  password: ********
  encoding: utf8

redmineに必要なgemをインストールするが、今回DBにMySQLを利用しているため、それ以外のいらないgem(例えば、PostgreSQL用のgemなど)をインストールしないよう、without設定でインストール。

$ bundle install --without development test postgresql sqlite

bundleインストール時にエラーがでる場合と、対応して何をインストールすべきかのリスト

  • An error occured while installing mysql2 (0.3.11), and Bundler cannot continue.
    Make sure that `gem install mysql2 -v ‘0.3.11’` succeeds before bundling.
    • sudo yum install mysql-devel
  • An error occured while installing rmagick (2.13.1), and Bundler cannot continue.
    Make sure that `gem install rmagick -v ‘2.13.1’` succeeds before bundling.
    • sudo yum install ImageMagick-devel

トークンを作ったり、DBのマイグレーションをしたり。

$ rake generate_secret_token
$ RAILS_ENV=production rake db:migrate

マイグレーション中、DBに新規ユーザ「ユーザ@%」を追加したものの、localhostから接続すると拒否されることがあった。
調べてみたら、ホスト名の%には、localhostは含まれていないんだって!それワイルドカードじゃないじゃん!
http://b.l0g.jp/mysql/user-at-localhost/

次にPassengerをインストール。なんかしらんけど必要なようだ。へーそうなのか。

$ gem install passenger --no-rdoc --no-ri

PassengerのApacheモジュールもインストール。もし、他に必要なソフトがインストールされていなければ、yum installしてくださいと表示されるので従う。

$ yum install httpd-devel

Apacheのコンフィグファイルにこれを書け的な文章が最後に出るので、メモ。passenger系の設定は別のファイルにまとめることを推奨されているので、追加する。

$ vim /etc/httpd/conf.d/passenger.conf
# Passengerの基本設定。
# passenger-install-apache2-module --snippet を実行して表示される設定を使用。
# 環境によって設定値が異なりますので以下の3行はそのまま転記しないでください。
#
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.13/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.13
PassengerRuby /usr/local/bin/ruby

# Passengerが追加するHTTPヘッダを削除するための設定(任意)。
#
Header always unset "X-Powered-By"
Header always unset "X-Rack-Cache"
Header always unset "X-Content-Digest"
Header always unset "X-Runtime"

# 必要に応じてPassengerのチューニングのための設定を追加(任意)。
#
PassengerMaxPoolSize 20
PassengerMaxInstancesPerApp 4
PassengerPoolIdleTime 3600
PassengerUseGlobalQueue on
PassengerHighPerformance on
PassengerStatThrottleRate 10
RailsSpawnMethod smart
RailsAppSpawnerIdleTime 86400
RailsFrameworkSpawnerIdleTime 0

redmineのディレクトリ以下を、Apacheが読み書きできるようにする。

$ chown -R apache:apache /PATH/TO/REDMINE

「パターン3: バーチャルホストでRedmineを実行」で実行したいため、Apache設定ファイルにバーチャルホストの設定を追加し、Apache再起動。

cactiを設置する このエントリーをはてなブックマークに追加

25 6月

サーバの死活監視によく利用されているcacti。保守業務で触ることが多いものの、自分でいちから構築したことがなかったので、ぴいこサーバに入れてみた。

$ yum install net-snmp
$ yum install rrdtool

net-snmp:snmpという監視用プロトコルを使って便利に監視するためのツール?
rrdtool:データをRRAという形式で保存し、グラフ化するツール

インストールができてら、net-snmpの設定を変更する。今回は、遠隔サーバでなくLocalhostを監視することにする。

$ vim /etc/snmp/snmpd.conf

コミュニティ名の変更

#com2sec notConfigUser  default        public
com2sec local          localhost      public
com2sec mynetwork      192.168.0.0/24 public

グループ名の変更

#group   notConfigGroup v1    notConfigUser
#group   notConfigGroup v2c   notConfigUser
group   local_group    v1    local
group   local_group    v2c   local
group   local_group    usm   local
group   mynet_group    v1    mynetwork
group   mynet_group    v2c   mynetwork
group   mynet_group    usm   mynetwork

監視項目を全部に変更

#view    systemview    included   .1.3.6.1.2.1.1
#view    systemview    included   .1.3.6.1.2.1.25.1.1
view    all_view      included   .1

システムビューの閲覧権限?

#access  notConfigGroup ""  any  noauth  exact  systemview none  none
access  local_group    ""  any  noauth  exact  all_view   none  none
access  mynet_group    ""  any  noauth  exact  all_view   none  none

以上を保存する。

snmpdを起動し、自動起動設定を行う。

$ /etc/init.d/snmpd start
$ chkconfig snmpd on

cactiをインストールする。今回はcactiuserというユーザを作ってそのホームディレクトリを公開ディレクトリにする。なんだか変な設定かもしれないけど、ホームディレクトリは所有者しか読み書き権限がないので、グループなどに実行権限を付与。ソースを取得し、公開ディレクトリに置く。

$ useradd cactiuser
$ passwd cactiuser
$ chmod 711 /home/cactiuser
$ wget http://local.lipwood.com/_download/cacti/cacti-0.8.8.tar.gz
$ tar zxvf cacti-0.8.8.ja.tar.gz
$ chown -R cactiuser rra/ log/

cactiは必要なデータをMySQLに格納するので、MySQLの設定も行う。設定内容をconfig.phpに追記する。

mysql> create database cacti;
mysql> grant all privileges on cacti.* to cactiuser@localhost identified by '任意のパスワード';
mysql> exit;
$ mysql -u cactiuser -p cacti < /PATH/TO/CACTI/cacti.sql
$ vim include/config.php

Apacheの設定を行う。

$ vim /etc/httpd/conf.d/cacti.peacois.me.conf
<VirtualHost *:80>
  ServerName CACTI.SERVER.NAME
  DocumentRoot /PATH/TO/CACTI/
  DirectoryIndex index.php
  <Directory /PATH/TO/CACTI/>
    Options -Indexes
    AllowOverride all 
    AddType application/x-httpd-php .php
  </Directory>
</VirtualHost>

Apacheを再起動すれば、指定のServerNameでcactiが確認できる。
初期設定画面は、きちんとできていればNext連打でOK。admin/adminでログインすると、adminのパスワードを変更する画面が表示されるので、適宜変更する。